ロコモティブシンドロームとは?

ロコモティブシンドローム略してロコモ。
聞いたことのないような言葉ですよね。

シンドロームと名のつくもので有名なものがメタボリック
シンドローム略してメタボ。

メタボというのはあなたもご存じのとおり、内臓脂肪型肥満
のことで糖尿病、高血圧症、高脂血症のうち、2つ以上を合
わせもった状態のことを言います。

メタボになると動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞などの命に
関わる疾患になるリスクが高まりますので、国を挙げての対
策としてメタボ検診などの実施が行われております。

それでは本題のロコモティブシンドロームとはいったいどん
な状態のことを指すのでしょうか?

これは結論から先に申し上げますと、運動器症候群と呼ばれ
るもので筋肉や関節や骨などの運動機能が衰え、この先、寝
たきりの状態になる可能性が高い状態のことを言います。

寝たきりの状態になる原因としては、認知症や脳疾患による
ものを連想しがちですが、寝たきりになる人の一番多い原因
は実は転倒による骨折や脊髄損傷なのです。

足腰というものは加齢とともに少しずつ弱っていくものです
ので、あまり自覚症状のないままに進行していきます。

そしてある日突然、些細な転倒で骨折をしてしまい、車椅子
で生活するはめになったり、寝たきりの状態になったりする
というわけです。

ロコモにならないようにするためには、元気なうちから足腰
のメンテを行うことが欠かせないようです。

個人差はあるものの、一般的には50歳を過ぎると筋肉の量
が減ってきて、骨や関節の衰えも始まると言われています。

長い時間歩けなくなってきたとか、つまづくことが多くなっ
てきたとか足腰が弱くなってきたなと思ったら、足腰のメン
テナンスをスタートさせましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』






posted by collagen at 18:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲンを食べるとシミも消えちゃうの?

加齢とともに増えてくるシミ。
女性にとっては悩みのタネですよね。

鏡を見てわかるシミというのは実は氷山の一角で、肌の内部
にはさらにたくさんの隠れシミというものが存在しています。

ここにまたひとつ、おもしろい研究結果がありますのでご紹介
しておきましょう。

肌荒れの悩みを持つ女性26人を対象に1日5gのコラーゲン
を8週間にわたり食べてもらったところ、これも個人差はある
ものの隠れシミの改善が見られたということです。

この研究結果から、コラーゲンを摂取することにより、ヒアル
ロン酸の合成が促進され、皮膚の傷んだ部分に線維芽細胞が集
まってきて皮膚の損傷を修復したものと推察されます。

次の実験結果を見てみましょう。

今度は健康な女性64人を対象に1日5gのコラーゲンを8週
間にわたり食べてもらったところ、毛髪の太さが増す結果にな
ったということです。

毛髪の太さが増すとはどういうことでしょうか?

被験者の感想を聞いてみると、「髪にコシが出るようになった。」
「髪にまとまりが出てきた。」「髪にツヤが出てきた。」「髪が
なめらかになった。」「髪がしっとりしてきた。」「髪の指通り
がよくなった。」などの意見がありました。

髪の毛の状態がよくなるメカニズムについては現時点ではまだ
明らかにはなっていませんが、研究者の間では毛髪をつくる元
となる毛母細胞にコラーゲンが命令を下すことによって、毛髪
の代謝が良くなるのではないかと考えられているようです。

さらにコラーゲンを摂取している人からの感想で以下のような
ものもあります。

「二枚爪が治った」「爪が割れにくくなった。」「爪の色がキ
レイになった。」など爪が丈夫になったという意見も。

これも先ほどの毛髪と同じく、爪の元となる爪母細胞にコラー
ゲンが命令を下しているのではないかと考えられております。

髪の毛や爪が気になる方はコラーゲンを試してみる価値は充分
にあるということがいえるかも知れませんね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』
posted by collagen at 17:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲンを食べるとカラダにどういった変化が?

結局薬局郵便局、コラーゲンを食べるとカラダにどういった
変化が現れるのでしょう。

実際にコラーゲンを摂取している人の感想を聞いてみると
肌にうるおいとハリが戻ってきたという人が多いようです。

この感想を受けて、コラーゲンをどの程度摂取すれば肌に
うるおいとハリのある状態が現れるのかを科学者が実験
したところ、以下のような研究結果が得られたようです。

30歳〜45歳の肌荒れを自覚している女性108人を対象
に、1日5gのコラーゲンを毎日食べてもらったところ、個人
差はあるものの4週間以上続ければうるおいとハリのある肌の
状態が得られたということです。

実際に肌の水分量やハリをアップさせるのは、真皮の線維芽細
胞と考えられていますが、摂取したコラーゲンが血中に溶け込
んで線維芽細胞まで運ばれて「肌の弾力を保つための組織を作
りなされ!」的な命令を下すことによって、線維芽細胞がせっ
せと働いているというイメージですね。

コラーゲンが線維芽細胞に命令を下すことによって、ヒアルロ
ン酸の合成も促進している可能性があることが近年の研究によ
ってわかってまいりました。

ヒアルロン酸というのはあなたもご存じでしょう。
そうです!お肌のプルプル感の正体です!

しかし細胞レベルでコラーゲンの命令を忠実に実行するとは
ますますもって、コラーゲンというのはスゴいですね。

コラーゲンのメカニズムについては、まだまだ研究途上なので
これからもっともっとスゴい機能が発見されるかも知れません
ね。今後の研究結果に期待いたしましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』
posted by collagen at 16:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。